人気ブログランキング |

平成23年3月11日東日本大震災において甚大な被害を受けた宮城県。県民が中心となり地元復興にむけ活動する団体です。宮城県民による、宮城県のための活動をしていきます。応援よろしくお願い致します。


by ガーネットみやぎ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

タグ:自衛隊 ( 2 ) タグの人気記事

貴方まで去っていくのね~ 私を一人にしないでぇ~(´;ω;`)ブワッ


またまた失礼しました。


皆様いつもご支援誠にありがとうございます。
宮城復興大使(自称)こと、ガーネットみやぎの澁谷でございます。

ここ被災地宮城県には、3月11日の震災直後から自衛隊さんが来てくださりさまざまな災害復旧、支援活動をしてくださっています。
一般道路を自衛隊車両が行き交う様は戦争中のような雰囲気ですが、その車両を見るたびになんか心強く感じるものです。

今回は23日に帰隊した陸上自衛隊第10師団(司令部・名古屋市守山区)さんを記事にします。
b0211951_18554074.jpg


<MSNニュース引用>
第10師団は大震災直後から被災地入りして災害救援活動を展開してきた。最大3800人が移動日を含めて75日間派遣され、延べ動員数は約22万人、給食は約34万2千食、給水は約3900トン、浴場利用者は約9万9千人に達した。

 福島県境の山元町では午後3時40分から役場前でセレモニーが開かれ、感謝の横断幕を手にした町民ら約千人が詰めかけた。隊員を乗せた約40台の自衛隊車両を「ありがとう」の言葉とともにさかんに手を振って見送った。

 斎藤俊夫町長は「前を向いて進むことがこの恩に報いることになる」と復興への決意を感謝の言葉とし、第10特科連隊の岡本浩連隊長ら派遣各隊の隊長に花束が贈られ、岡本連隊長から復興記念の楯が斎藤町長に手渡されると、会場は盛大な拍手に包まれた。


このニュース記事の写真にもちゃっかり写りこんでいる私ですが(笑) 

このお別れセレモニーの様子はフォト蔵「ありがとう!第10師団の皆様」で!

いやぁ、本当に自衛隊さんありがとうございます。
仮説のお風呂や、炊き出し、捜索活動から本当につらい業務を遂行してくれて御恩は一生忘れません!
避難所では子供を肩車したり、遊んであげてる姿を拝見し本当に感動してました。
各部隊でオリジナルのステッカーを作り被災者の方々に配っていたり。
してくれていたことここには書き足りないです。

第10師団の広報の各務さんと仲良くなり色々とお話を聞かせてもらいました。
b0211951_19131517.jpg

今後は第10師団の補給部隊が残りお風呂や炊き出しなどを継続してくれるそうです。
帰隊した第10師団に代わり、東北方面特化隊の方々が今は頑張ってくれております。




(左の殿方は彼女募集中です。ガーネットみやぎまでご連絡くださいませ笑)
b0211951_19393513.jpg



ありがとう!
第10師団の皆様!!


♡、。・:*:・゜`♥*。・:*:・゜`♡、。・:*:・゜`♥*。・:*:・゜`

★大募集★ガーネットみやぎではステッカーを作ろうと思っています!
そこでデザインを募集いたします!
独断と偏見で採用いたします。
デザイン料などは一切お支払できません。ご了承ください。
デザインを
info@garnet-miyagi.sakura.ne.jp
に添付して送ってください。

♡、。・:*:・゜`♥*。・:*:・゜`♡、。・:*:・゜`♥*。・:*:・゜`

お問い合わせは 
info@garnet-miyagi.sakura.ne.jp
まで。
※お返事までに少々お時間を頂いてる状況です。ご了承くださいませ。
by garnet-miyagi | 2011-05-28 19:22 | 宮城県各地域の現状

岩沼市

全国の皆様からのご支援、ありがとうございます

 東北地方太平洋沖地震において、全国各地から人的援助、救援物資など多くのご支援をいただき、感謝申し上げます。

おかげさまで、3月26日現在で概ね物資は充足することができております。

岩沼市では、支援物資も受け入れを一時停止させていただいております。

今後は、状況により不足物資をホームページ上でお願いをさせていただきます。今後ともご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

お問合せ先:岩沼市災害対策本部
電話0223-22-1111
FAX0223-24-0897


捜索活動と災害復旧活動

 自衛隊の皆様には460人体制で東部地区一帯を重機で流された木や家屋、ガレキなどを取り除きながら捜索をしていただいております。また、避難されている方々への炊き出し、給水支援を中心に全力で支援をいただいております。

 流木やがれき等の撤去については、自衛隊に加えて岩沼建設産業同友会等の皆さまのご協力をいただいております。また、自衛隊のご協力で重機の投入により、がれき等を取り除いて不明者の方々の捜索を行うことにしております。

 浸水地域の排水については、これまでの土地改良区の排水作業に加え、国土交通省のポンプにより東部一帯の排水を行っていただいております。一日も早い冠水地域の排水に全力をあげることにしております。

  3月19日から21日まで、ご自宅周辺の現状を見たいとのご要望にお応えし、市民会館・総合体育館等に避難されている方の代表やご希望の方々に、新浜・蒲崎・長谷釜・二野倉・藤曽根・相野釜地区を見ていただきました。
陸上自衛隊第33普通科連隊(三重県津市久居)のご紹介

今回の災害に際して三重県津市から派遣され、岩沼市で主に活動していただいている第33普通科連隊についてご紹介いたします。
by garnet-miyagi | 2011-04-02 22:23 | 宮城県各地域の現状