平成23年3月11日東日本大震災において甚大な被害を受けた宮城県。県民が中心となり地元復興にむけ活動する団体です。宮城県民による、宮城県のための活動をしていきます。応援よろしくお願い致します。


by ガーネットみやぎ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

3.11 被災地の証言 ー東日本大震災 情報行動調査で検証するデジタル大国・日本の盲点ー

皆様いつもご支援誠にありがとうございます。


GWいかがお過ごしでしょうか?あいにくの大雨や高速道路での事故など多いですね。皆様も気を付けてください!


今回はガーネットみやぎでも取材協力をした書籍のご紹介です。

情報支援プロボノ・プラットフォーム(iSPP) (著)
3.11 被災地の証言 ー東日本大震災 情報行動調査で検証するデジタル大国・日本の盲点ー
$ガーネットみやぎ

◆内容紹介

東北3県3000人の調査が伝える「情報の空白地帯」の実態。
阪神・淡路大震災の教訓はなぜ生かされなかったのか。

本書は宮城・岩手・福島県の在住者約3000人を対象に実施された「東日本大震災 情報行動調査」の結果から、被災地の人々が震災発生から3か月間、どんな状況下でどんな情報をたよりにどう行動をしたかという記録をまとめたものである。

阪神・淡路大震災から17年、携帯電話やソーシャルメディアが普及し、情報環境が様変わりしたにもかかわらず、人々は「情報の空白地帯」の中で取り残され、発信手段を奪われた。

なぜ教訓は生かされなかったのか。膨大な証言を分析し、情報通信技術(ICT)の視点から真の支援のあり方を探っている。

ICTの観点から復興を考えるための基礎資料として必読の書。



ガーネットみやぎでは、亘理町と山元町のアンケート調査の協力をしました。

$ガーネットみやぎ

被災地住民(東北3県)の方の、震災発生後から三ヶ月までの、情報ツールの使用と行動の様子、またあまり報道されなかった内陸部の情報なども載っています。


自治体、企業、個人の方々にとっても、今後また来るであろう大災害時に大いに役立つ書籍ですので是非お買い求めください。

この書籍はAmazonからお買い求めいただけます。

≪リンク先からどうぞ≫
3.11 被災地の証言 ー東日本大震災 情報行動調査で検証するデジタル大国・日本の盲点ー



---------------------


ガーネットみやぎFacebookページあります。
ブログ記事にはならない最新の情報など更新しておりますので「いいね!」お願いします。
https://www.facebook.com/garnet.miyagi








---------------------


東京都町田市にあるBAR「クアドリフォリオ」 では東北復興チャリティメニューを作りました。
BARオーナー:大ちゃんのブログ
http://ameblo.jp/bar-quadrifoglio/


---------------------


ガーネットみやぎに関するお問い合わせは↓メールにて。
info@garnet-m.com



ガーネットみやぎでは支援金を受け付けております。
詳しくはコチラ をご覧ください。




by garnet-miyagi | 2012-05-04 12:00 | 当会の活動